クリルオイルをDHA・EPAと合わせて取るメリットとは?吸収率の高い天然の油脂素材として注目の成分

DHA・EPAのサプリメントは、さまざまな成分と組み合わせられているものがあり、クリルオイルもその中の一つです。

クリルオイルは、まだそれほど認知度は高くはない成分で、名前さえも聞いたことがなかったり、どういう効果があるのかわからないといった人も多いと思われます。

この記事では、クリルオイルとDHA・EPAを一緒にとることのメリットについて、管理栄養士が詳しく解説していきます。

さらに、クリルオイルの概要や、効果などについても見ていきましょう。

DHA・EPA とクリルオイルを一緒に摂るメリットは

それでは、DHA・EPAとクリルオイルを一緒に摂ることで得られる効果や、メリットについて解説していきます。

DHA・EPAとクリルオイルの相乗効果

  • 血液をサラサラにする
  • 動脈硬化予防
  • 高血圧予防
  • 脳の活性化
  • 視力の改善
  • アレルギー症状の改善
  • 精神安定
  • 活性酸素の除去
  • アンチエイジング
  • 疲労回復
  • PMSの緩和
  • 更年期症状の改善
DHA・EPAにクリルオイルがプラスされると、このようなさまざまな効果が期待できます。

クリルオイルは、1つの成分を表しているのではなく、4つの成分の複合体です。

その中にはDHA・EPAも含まれており、併せて摂ることでさらに効果を高めてくれます。

また、クリルオイルに含まれているリン脂質は、DHA・EPAと結合し、油でありながら水に溶けるという性質を持っています。

これによって、体の中への吸収を高めてくれます。

クリルオイルは、DHA・EPAの効果をさらに高めたい人、美容や女性特有の症状も気になる人などにオススメの成分です。

クリルオイルの摂取量は?

クリルオイルの摂取量についての研究は数多くありませんので、まだはっきりと正確な摂取量は決まっていないようです

しかし、クリルオイルはオメガ3脂肪酸であり、オメガ3脂肪酸の摂取量は成人男性で2.0〜2.4g、成人女性で1.6〜1.9gですので、他の食事と合わせてこの範囲内に収めることが適正と考えられます。

▶ もっと詳しく:オメガ3脂肪酸とは~ダイエットに効果的な摂り方や、摂取量、注意点を解説します

サプリメントの場合、必ず規定量が書かれていますので、メーカーで定められた量をしっかり守るようにしましょう。

クリルオイルとは

クリルオイルは、海中のプランクトンの一種であるオキアミから抽出されるオイルのことをいいます。

別名「南極オキアミ油」とも呼ばれています。

オキアミは、さまざまな生物のエサとなり、生態系を支える重要な役割をしています。

クリルオイルは昔から、野菜が少なく肉類の摂取が多い、南極などの地域で、人の健康を支える成分として重宝されてきました。

発見の経緯

クリルオイルは、1970年代から注目されていましたが、採算が取れないため、商品開発は見送られていました。

しかし、1990年代に入り、カナダの会社がオキアミの脂質を製品化し、これをきっかけに日本でも販売されるようになりました。

生活習慣病の改善に効果があるとして、その頃から注目されていましたが、他の成分と比べると、一般認知度はまだまだ低めです。

これから益々研究がすすみ、さまざまな場面で活躍することが期待されます。

クリルオイルに含まれている成分

クリルオイルは、DHA・EPA、リン脂質、アスタキサンチンから構成されている成分です。

▶ アスタキサンチンとは?:アスタキサンチンをDHA・EPAと合わせて取るメリットとは?化粧品にも使われる抗酸化力の高い成分

リン脂質は、ヒトの生体膜を構成する成分でもあり、グリセリンに脂肪酸とリン脂質が結合したものです。

構造に親水性部分と疎水性部分を持ち合わせているため、普通は水になじまない油でありながら、水に溶け込むことができるようになっています。

クリルオイルは、食物連鎖が深く関わっており、オキアミがα-リノレン酸(植物性オメガ3脂肪酸)の含まれる海藻を食べることによって、体内でDHA・EPAが形成されます。

さらにそのオキアミを、他の魚が食べることによって、DHA・EPAが蓄積されていくという仕組みになっています。

魚にはDHA・EPAが含まれていますが、これの元をたどれば、オキアミのようなプランクトンにたどり着き、プランクトンなしでは魚にもDHA・EPAのような脂肪酸は含まれることはなかったといえます。

クリルオイルの活用方法

クリルオイルは、主にサプリメントから摂ることができます。DHA・EPAとの違いは、吸収力が特に高いこと。

また、DHA・EPAだけではなく、抗酸化力の高いアスタキサンチンも同時に摂れるというのがメリットです。

まとめ

クリルオイルは、DHA・EPA・リン脂質・アスタキサンチンから構成される成分です。

オキアミというプランクトンから抽出され、サプリメントに多く利用されています。

DHA・EPAとクリルオイルを一緒に摂ることで、よりDHA・EPAの効果を高めるとともに、体に吸収されやすいという効果も期待できます。

また、アスタキサンチンが含まれているので、油の酸化を防ぎ、体により良い状態で届けることができます。

DHA・EPAとクリルオイルは、生活習慣病の改善やダイエット、美容、アレルギー症状の改善など、さまざまな症状に効果が期待できます。

特に、PMSや更年期障害など、女性特有の悩みを抱えている人にはオススメの成分です。

サプリメントは必ず規定量を守り、他の食事とのバランスも考えながら、効果的にとり入れていきましょう。
合わせて読みたい記事