イチョウ葉をDHA・EPAと合わせて取るメリットとは?脳に良いといわれる2大成分の相乗効果

DHA・EPAのサプリメントは、プラスアルファの成分と組み合わせられているものがたくさんあります。

DHA・EPAは、血液をサラサラにする効果があると言われていますが、一緒に組み合わせる成分によって、相乗効果を得られたり、体に吸収されやすいように工夫されています。

その中の一つに、イチョウ葉エキスが組み合わせられているものがあり、代表的な効果として、脳に良いということが知られています。

それでは、実際にイチョウ葉エキスをDHA・EPAと合わせてとるメリットや、その他の効果など、気になるポイントについて、管理栄養士が解説していきます。

DHA・EPAとイチョウ葉を一緒に摂るメリットは?

DHA・EPAとイチョウ葉を一緒に摂ることによって、期待できる効果は次の通りです。
  • 認知症を予防する
  • 脳の発達をサポートする
  • 血液をサラサラにする
  • 冷え性の緩和
  • ダイエット効果
  • コレステロールを下げる
  • 中性脂肪を下げる
  • 動脈硬化の予防
  • 心疾患・脳血管疾患の予防
イチョウ葉の注目したい効果は、認知症予防です。

認知症には、アルツハイマー型と、脳血管性のものがあり、イチョウ葉はどちらのタイプにも効果的です。

また、DHAも認知症を予防する成分として幅広く知られています。

さらに、EPAにも血栓予防効果があることから、脳血管性の認知症の原因となる脳梗塞や脳出血の予防にも効果的と考えられます。

これらのことから、DHA・EPAはアルツハイマー型、脳血管性タイプ、どちらの認知症の予防にも深く関わっていることがわかります。

DHA・EPAにイチョウ葉をプラスすることで、認知症予防の効果を高めることが期待できます。

イチョウ葉とは

イチョウ葉は、「生きた化石」とも呼ばれるほど、昔から存在する強力な生命力を持つ植物です。

日本でもよく見られる樹木の一つですが、原産国は中国で、平安時代に仏教とともに伝えられたとされています。

イチョウ葉の青葉を乾燥させて、アルコールで抽出された成分をイチョウ葉エキスと呼び、食品やサプリメントなどに添加して使用されています。

日本では医薬品としては認められていませんが、多くの国で医薬品として使用されるほど、有用な成分です。

イチョウ葉エキスの認知症予防効果

アルツハイマー型認知症の原因の一つとしてアミロイド-βという成分の蓄積によるものが考えられており、イチョウ葉はこのアミロイド-βの蓄積を妨げる効果があるとされています。

イチョウ葉のアルツハイマー型認知症に関する作用の研究は、世界規模で行われており、これから明確なメカニズムが解明されることが期待されます。

さらに、イチョウ葉には、血液をサラサラにする効果があるため、血栓をできにくくし、認知症の原因となる脳血管疾患を予防する効果も期待できます。

イチョウ葉は、認知症の2つの型、アルツハイマー型と脳血管性、どちらにも予防効果が期待できます。

イチョウ葉エキスはどのくらい摂ったらいいの?

イチョウ葉の一般的な一日摂取量は、120〜240mgとされています。

DHA・EPAサプリにプラスされているイチョウ葉エキスは12mg程度ですので、正しく飲んでいれば過剰症の心配はありません。

適量を守って摂取することを心がけましょう。

イチョウ葉エキスの注意点は?

加工していない植物の成分は危険と言われています。

自分でイチョウの葉を集めて、お茶などにして利用することは禁忌ですので気をつけて下さい。

また、妊娠中・授乳中の安全性は十分なデータがないため、使用は控えるのが良いとされています。

その他、血液をサラサラにする効果のあるハーブや、ワルファリンという抗血栓薬と飲み合わせると、出血傾向が高まる可能性があります。

持病があり、治療をしている人は、必ず医師や薬剤師に確認をしてくださいね。

イチョウ葉の抗酸化作用について

イチョウ葉には、抗酸化作用を持つフラボノイドが含まれており、がんや生活習慣病の原因となる活性酸素の発生を抑制してくれます。

DHA・EPAは酸化に弱い成分なので、抗酸化作用を持つ成分と合わせて飲むと、酸化しにくく変質しにくいとされています。

DHA・EPAは、イチョウ葉エキス以外にも、セサミンやビタミンE、クリルオイルなどの抗酸化成分が配合されているものがあります。

抗酸化成分としては、アンチエイジング効果の高いセサミンが今のところ優秀です。

しかし、それぞれの成分は、違う作用を持ち合わせているので、認知症予防の効果を高めたいという人は、イチョウ葉エキスがおすすめです。

まとめ

イチョウ葉は、かなり昔から存在する植物なのです。その強い生命力には並ならぬパワーがあるのではと感じられます。

あまりメジャーな成分ではありませんが、これから研究が進み、ますますその効果の高さが解明されていくのではないでしょうか。

DHA・EPAには、認知症予防に効果がありますが、イチョウ葉エキスの代表的な効果も認知症予防です。

この3つの成分が組み合わさることで、さらに高い効果が期待できます。

また、サプリメントにおいて、酸化しやすいDHA・EPAを、抗酸化作用を持つイチョウ葉が守るという構図は大変理想的です。

認知症を予防したい人だけではなく、血液をサラサラにしたい人、代謝を上げたい人など、さまざまな人におすすめです。