健康診断対策にオススメの成分3選!メカニズムや効果について解説します

健康診断健康診断は自分の体の状態を知る良い機会です。

早期発見・早期治療を行うことで、病気の進行を遅らせ、重症化を防ぐことができます。

健康診断の結果には、普段の食生活や生活習慣が大きく反映されます。

健康診断に対しての考え方は人それぞれですが、「少しでも良い結果を出して安心したい」という人がほとんどではないでしょうか。

今回は、健康診断対策としてオススメしたい3つの成分について、メカニズムやその効果を管理栄養士が解説していきます。

健康診断対策にオススメの成分3選

DHA・EPA~コレステロール、中性脂肪に!

青魚DHA・EPAは青魚に含まれる脂肪酸です。

オメガ3とも呼ばれ、健康効果の高い成分として人気があります。

DHA・EPAは体内で作ることはできないため、食品から摂らなければならない必須脂肪酸です

生活習慣予防効果が認められており、中性脂肪悪玉コレステロールの低下などに有効です。

DHA・EPAを摂ることでこのような効果が得られるのは、脂肪細胞の活性化が関係していると考えられています。

脂肪細胞には、中性脂肪を蓄積させる白色脂肪細胞と、脂肪酸を分解させる褐色脂肪細胞があります。

DHA・EPAには褐色脂肪細胞に含まれるUCP1という熱を産生するたんぱく質の発現量を増やす効果があるとことがわかってきており、エネルギー代謝との関係性が解明されてきています。

食物繊維~コレステロールに!

海藻サラダ食物繊維は、野菜に多く含まれるイメージがありますが、それだけではなく海藻類やきのこ類、豆類、穀類など多くの食品に含まれています。

便秘改善以外にも、生活習慣病予防につながるさまざまな働きがあります。

健康診断対策において注目しておきたいのは、コレステロールの吸収を抑えるという点です。

食物繊維には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類がありますが、この効果があるのは水溶性食物繊維です。

水溶性食物繊維には、水分を吸収して便を柔らかくする働きがあります。

コレステロールの吸収を抑制し、血中コレステロールを正常化する効果が明らかになっています。

また、血糖値の急激な上昇を抑える効果もあるので、糖尿病予防にも有効とされています。

水溶性食物繊維は、果物に含まれるペクチン、海藻類に含まれるアルギン酸、大麦に含まれるβグルカンなどがあります。

ビタミン・ミネラル~高血圧対策に!

ビタミンやミネラルは、体に必要な量はごく僅かですが、生体内のさまざまな働きに関与している重要な栄養素です。

また、ほとんどが体内で作り出すことができないので、食品からの摂取が必要です

ビタミンやミネラルは、いろいろな種類があり、それぞれ異なる働きをしています。

食事の品数が多いほど栄養素の幅が広がるので、品目数を増やすことを心がけましょう。

高血圧対策として重要なのは、生の野菜や果物に多く含まれているカリウムです。

カリウムにはナトリウムの排出を促す効果があり、食塩(塩化ナトリウム)をとりすぎた時には特に積極的にとり入れたい栄養素です。

また、ビタミンには抗酸化作用を持つものがあり、生活習慣病の原因となる活性酸素を除去する働きがあります。

ビタミンやミネラルの摂取は高血圧対策としてだけではなく、生活習慣病予防には欠かせない栄養素です。

その他の健康診断対策ポイント

健康診断対策として、特にオスス メの3つの成分について解説しましたが、それ以外の食事に関するポイントや、生活習慣のポイントなどについてご紹介致します。

暴飲暴食を避け、腹八分目を心がける

食べ過ぎ・飲み過ぎはもちろんよくありません。腹八分目を目安とする少食スタイルは、病気予防や健康の延伸に効果があるといわれています。

食事は腹八分目腹八分目とは「少し足りないな」と物足りなさを感じる程度が目安です。しかし実際に満腹感を感じるのは、食事の量ではなく、「満腹中枢」すなわち脳の信号によるものです。

満腹中枢が刺激されるのは、食事開始から15~20分後。しっかり噛んでゆっくりと食べることを心がけることが必要です。腹八分目を意識すれば、自然と食べる量が減り、カロリーの抑制に繋がります。

バランスの良い食事

バランスの良い食事は、わかりやすく表現すると、「主食・主菜・副菜」の揃った食事です。

麺類や丼などの単品料理が続くと、栄養バランスが偏りやすくなり、エネルギーの代謝がうまく行われず脂肪の蓄積に繋がります。

特に、副菜となる野菜のおかずが不足していることが多いので、できれば毎食1品以上の副菜を用意できるように意識しましょう。

野菜をとることはビタミンやミネラル、食物繊維などの生活習慣病予防に役立つ栄養素の摂取に繋がります。

運動習慣を作る

運動習慣を作る健康診断対策には食事だけではなく、運動も重要です。

生活習慣病予防には有酸素運動が効果的とされており、1回につき20~30分が目安です。

しかし、実際には運動が苦手だったり、忙しくて時間がないという人も多いと思います。

毎日運動をしなくても、自分のペースでできることから少しずつ始めてみましょう。

家事や通勤のときに活動量を増やすというだけでも意識付けには有効です。

食事と運動の両面からアプローチすることで、さらに効果がアップします。

まとめ

健康診断対策としてオススメの成分と、食事や運動のポイントをご紹介しました。

健康的な体は短期的な取り組みで作られるものではありません。

普段の生活の見直しを行い、自然と健康に良い習慣が身についていくことが理想です。

健康診断を一つのきっかけとして、自分の体と生活習慣について見つめ直してみましょう。
合わせて読みたい記事