オメガ6脂肪酸とは~効果や、摂取量、注意点を解説します

オメガ3脂肪酸と比較されるものに、オメガ6脂肪酸というものがあります。

オメガ3脂肪酸の詳細は▶ オメガ3脂肪酸とは~ダイエットに効果的な摂り方や、摂取量、注意点を解説します

オメガ3脂肪酸は体に良いと言われていますが、オメガ6脂肪酸は摂り方に注意が必要で、オメガ3脂肪酸とのバランスも大切だとされています。

オメガ6脂肪酸が、体にはあまり良くないものと既に知っている人でも、その理由や、どのように体で働くのかということまで、詳しく理解している人は少ないのではないでしょうか。

この記事では、オメガ6脂肪酸が多く含まれる食品を簡単に紹介し、適切な摂り方や、摂取量の目安、オメガ3脂肪酸とのバランスなどについて、管理栄養士が解説していきます。

オメガ6脂肪酸とは

オメガ6脂肪酸は、多価不飽和脂肪酸に分類されます。

その中でも、二重結合の最初の位置が端から6番目にあるものをオメガ6脂肪酸といい、n-6系不飽和脂肪酸とも呼ばれています。

オメガ6脂肪酸は、体の中では合成されないため、食品から摂らなくてはいけないので、必須脂肪酸と呼ばれています。

オメガ6脂肪酸にはリノール酸やアラキドン酸、γ-リノレン酸などがあり、各脂肪酸の特徴は次のようになります。

リノール酸

脂肪を効率良くエネルギーに変える働きがあり、筋肉増強、冷え症改善、アレルギー抑制、動脈硬化予防などにも効果があります。

アラキドン酸

乳児乳児の脳や体の発達には欠かせない脂肪酸です。

アラキドン酸は生体調整ホルモンのプロスタグランジンの成分となり、免疫機能を調整する働きがあります。

その他の効果は、学習力や記憶力の向上、高血圧予防、コレステロールを下げる効果などです。

アラキドン酸はさまざまな効果がありますが、摂りすぎてしまうと全て逆効果になるという難しい脂肪酸です。

リノール酸からも合成されるので、リノール酸の過剰摂取によって、体内のアラキドン酸が増えすぎることがあります。

γ-リノレン酸

糖尿病や高血圧、コレステロールを低下させる働きがあり、生活習慣病の予防に役立ちます。

また、アトピー性皮膚炎を改善させたり、リウマチ、月経前症候群(PMS)の症状緩和にも効果があります。

γ-リノレン酸も、アラキドン酸と同じくリノール酸から作られます。

このリノール酸の摂りすぎや、ホルモンバランスの乱れなどによって、γ-リノレン酸の合成がストップしてしまい、血中濃度が低下してしまうこともあります。

アトピー性皮膚炎の人は、健常者に比べてγ-リノレン酸が半分以下であるといわれています。

過剰症が心配されることはあまりありませんが、げっぷや吐き気などの症状が見られる場合もあります。

オメガ6がもたらす効果

代謝を促進オメガ6脂肪酸は、代謝を促進し、生活習慣病の予防や改善に役立つ栄養素です。

また、アトピー性皮膚炎、リウマチ、脳の活性化など幅広い働きを持ち合わせています。

しかし、多量に摂りすぎると、HDLコレステロールを低下させてしまったり、炎症しやすい体質になるなど、さまざまな病気を引き起こす原因となる場合があります。

これは、リノール酸から作られるアラキドン酸が体内に増えすぎていることが原因と考えられています。

現代人はオメガ6脂肪酸の摂りすぎが問題視されています

現代の一般的な食生活を送っていれば積極的に摂らなくても必要量は満たされています。

また、オメガ3脂肪酸と相反する働きをするので、この2つの脂肪酸の摂取比率も重要です。

オメガ6脂肪酸の摂り方

オメガ6脂肪酸の摂取目安量は、成人男性で8〜11g、女性では7〜8gとされています。

肉や魚、卵、植物性油など、ほとんどの食品に含まれており、特に意識していなくても、この数字はクリアしていることがほとんどです。
和食

植物油の原料となる、大豆やゴマ、とうもろこしなどを使った料理を食べるだけでも、目安量を大幅に超えてしまう場合があり、過剰摂取に繋がりやすく、注意が必要です。

ごく普通の和食中心の食事を心がけていても、目安量の2倍になっていることもあります。


オメガ6とオメガ3のバランス

農林水産省では、オメガ6脂肪酸:オメガ3脂肪酸の比率は、4:1を理想としています。

オメガ3脂肪酸の摂取量はこちらをチェック▶ オメガ3脂肪酸とは~ダイエットに効果的な摂り方や、摂取量、注意点を解説します

しかし、現代人はオメガ3脂肪酸が不足している傾向にあるので、比率は10:1から、多い人では50:1にものぼるそうです。

オメガ6脂肪酸は、さまざまな効果を持っていますが、過剰摂取はかえって悪い影響をもたらしてしまう場合があります。

体にとってはなくてはならないものですが、摂りすぎや、オメガ3脂肪酸とのバランスには十分に注意する必要があるといえるでしょう。

まとめ

必須脂肪酸であるオメガ6脂肪酸は、リノール酸、アラキドン酸、γ-リノレン酸などの種類があります。

生活習慣病や皮膚炎の改善、脳の活性化などに役立つ嬉しい効果もありますが、その一方で過剰摂取によって引き起こされる、さまざまな病気も懸念されています

私たちの体の細胞は、脂肪酸からできた細胞膜に包まれています。

油は量だけが問題視されることも多いですが、油の質も重要であるということを十分に理解し、良質の油をとり込み、健康を管理していきましょう。
合わせて読みたい記事